社会起業大学株式会社 代表取締役社長/社会起業大学 学長

林 浩喜

Hiroki Hayashi

仕えられるためではなく、仕えるために

林 浩喜

略歴

山口県立徳山高校、神戸大学経済学部卒業。
住友商事株式会社に入社し、建設・不動産業務に従事。起業を志し米国コーネル大学ホテル経営大学院留学後、現地で複数のフードサービス企業にてマネジメントに携わる。
1997年に当時日本初のベーグル専門店“BAGEL&BAGEL”を創業。新業態も含め130店舗を運営し、ベーグル専門店として世界第4位まで育て上げる。
教育を通じ自身の経験や知識を社会に還元したいと思うに至り、社会起業大学の学長に就任。よりよい社会を次世代に渡すべく、社会起業家の育成・支援に情熱を注ぐ。

現在の仕事についた経緯

「人づくりをしなさい」
事業を譲渡後、時間もあったので他社のお手伝いをさせていただきながら20年ぶりの深い内省をしました。自分の内なる声に耳を澄まし、ミッションとして言語化しました。それは"For others”、つまり「人の役に立とう」というシンプルなもの。自分らしさや知見を生かし、情熱を持って他者に役立つと信じる仕事に取り組む。そしてその実現こそが自分にとっての幸福であり成功だと思うに至りました。

仕事へのこだわり

仕事は、福沢諭吉翁も言われた通り人のアイデンティティとも関わる人生における最重要事項の1つです。
人に必要とされることこそ独立自尊の基礎です。人には天与の役割というものがあると思うのですが、僕の場合は常に新たな市場開拓というのがテーマだった気がします。サラリーマン時代もそうでしたし、起業する時もそうでした。それもあれこれ手がけるのでなく自分が本当に取り組みたい商品やサービスにフォーカスするというやり方でした。奇しくも現職の社会起業大学もそういうカタチとなってしまいました。マルチ人間といわれる人々も多いですが、どうも自分にはその才覚は無いようです(笑)。
またどの経営ステージにおいても、売上利益といった一般的KPI指標の伸長よりも社員の成長を表すEGI指標(Employee Growth Indicator)の増大が最も大きな喜びでした。若い社員の強みを発見しそこを伸ばす手伝いをし、その成果が出ることに勝る喜びはありませんでした。経営者としては片手落ちだったのかも知れませんが、25年経った今も何の後悔もありません。風の便りで最初に起業した会社の元従業員達が起業して活躍している話を聞くと、我が事のように嬉しく思います。そういう意味では、今回の仕事は天職と言えるのかも知れません。結果第一主義の時代の流れにはそぐわないのかも知れませんが、自分らしいやり方で人生を全うできれば幸せです。

若者へのメッセージ

若者は若者というだけで素晴らしい。
当人達に自覚はないでしょうが、存在自体が武器なのです。大いに自分を主張して欲しいです。そしてやりたいことを実行に移して欲しいです。こじんまりまとまった大人の期待する聞き分けの良い人になる必要はありません。
大人の善悪基準は安定性のあるなしですが、彼らの期待するその安定の保証は今やもうどこにもありません。だから跳ねっ返りがあるくらいで丁度良いのです。初めからバランスを取ろうとするな!行動した結果として最終的にはそうなるのだから。
社会は常に変化する。世の中のルールも変化する。思想、哲学ですら変化する。しかし君ら自身の「核」となるもの、それは普遍的なものです。社会起業大学ではそれを「ソーシャルミッション」と呼んでいますが、まずはそれを発見し「個を確立」しましょう。自分の強みや価値観を生かした、自分が果たすべき「社会的役割」を発見しましょう。そしてその実現に生きてみませんか?その種子はすでに君らの中にあります。それを発芽させ、まずは強く根を張ろう。安定だけの人生、右肩上がりだけの人生なんてつまらないじゃないか。君らは君らだけのオリジナルの人生を、主役として生きて欲しいです。