りんどう国際事務所 代表

中條幸子

Sachiko Nakajo

口のきけないものが先

中條幸子

略歴

埼玉県川越市生まれ。
平成5年 米国テンプル大学日本校を首席卒業。(政治学、歴史学)
平成5年~地方新聞において国際面、社会面の記事を中心に執筆。
平成18年 (独)労働安全衛生研究所(清瀬市)にて英語通訳、翻訳。
平成21年 都内クリニックを皮切りに、臨床心理士として、東京都、港区などでカウンセリングやメンタルの講演を行う。
現在は、社会保険労務士、臨床心理士、通訳案内士として労働相談や企業のコンサルタントに従事。また、講演会、各種分野の執筆も展開している。

現在の仕事についた経緯

本当に支援が必要な人に支援が届いていない。また、実力のある人がその力を発揮できる場所がないためです。

仕事へのこだわり

・ストラテジーを持ってキャリアを積むこと。
・知識はすべてを解決するツール。学びを止めないこと。
・余計な喧嘩はしないが、売られた喧嘩に勝つための実力を持つこと。そのためには、助けてくれる仲間を大切にすること。
・自由に生きるためには実力がいる。資格はただの人に会うためのきっかけ。人を大切にする姿勢が人生を大きく変える。
・変えるのは場所や人ではない。自分。

以上の5つです。

若者へのメッセージ

自由に生きるためには実力が必要です。そのことを肝に銘じてほしいと思います。