合同会社ReDef 代表社員

兼松勝之介

Shonosuke Kanematsu

終わりから思い描け

兼松勝之介

略歴

大学卒業時に理学療法士免許を取得し、都内大手の病院で臨床業務に従事。その後、障害福祉施設のスタートアップを経験。医療の専門性を活かした支援が経営改善につながることを知り、医療福祉連携の推進をキーワードに障害福祉サービスの経営コンサルティング事業を実施する。

現在の仕事についた経緯

コメディカル資格を取得し、医療と福祉の最前線で活動しました。障害福祉施設のスタートアップを経験した際に、経営と現場の方針に矛盾があることを知りました。本来、医療福祉に限らず、全てのビジネスは「エンドユーザーに提供される価値が高まるからこそ、経営効果につながるもの」であると考えています。
そこで、自身の医療知識を駆使して、サービス付加価値の向上を意識したところ、結果的に福祉事業所の経営改善を実現することができました。発想は、大変シンプルなものです。これまでの常識にとらわれないことが重要です。この経験を活かすことで、国が抱える「労働人口問題」を解決できると考え、合同会社ReDefを創業しました。

仕事へのこだわり

効率だけを求めず、常にルールを再定義することを意識しています。学生、新人時代から不効率の中で得られる情報や経験が、後の結果につながることがよくあります。30歳代に入った今でも、少しの回り道を意識しながら進めています。
このような回り道の経験を、より良い将来に確実に活かす方法があります。それは形に残すことです。特に仕事を振り返る時間を確保することは重要です。不効率な仕事は、一見「無駄な時間」と思われがちです。しかし、そこで得た経験を、例えば文章で記録することで、何かしらのアクションプランにつながることがあります。新たなアクションプランは、今までのやり方と少しの変化があるものと思います。自身の行動を変えること、これまでの常識を振り返り再定義することが、未来への成長を実現するのではないでしょうか。

若者へのメッセージ

自分も、まだ若者だと信じています。笑
社会に出ると、沢山の先輩が活躍しています。本屋に行けば、著名な方が残した人生の記録が何万冊も残っています。是非、沢山の経験に触れてほしいです。ただし、鵜呑みにしないで欲しいです。
いつの時代になっても、先に変化するのは外の環境です。人間が人間でなくなるのは、環境の変化に適応できなくなったときだと思います。他者の経験を今の時代に活かすためには、どのような最善策があるのか考え、実行していただければと思います。