有限会社超一流 代表取締役社長

張 智超

Zhang Zhichao

人生で大事なことは、他人を超えることではなく自分自身を超えること!

張 智超

略歴

中国蘇州大学シルク工学院卒業。
1982年2月より同工学院教員になり、1991年10月より岐阜大学客員研究員留学。
1993年4月より日本企業の中国現地法人代表として活動。その後日本国内で営業畑10年間。
2005年2月、有限会社超一流を設立。

現在の仕事についた経緯

1991年10月、中国から大学研究員として岐阜大学へ留学に来日しました。ちょうど、日本高度成長期後バブル崩壊と言われた年代でした。発展中の中国の田舎育ちの若者から見れば、ものは豊かで周りの環境も綺麗ですし、人々は礼儀正しく、国民の素質の高さに感銘いたしました。いつか中国もこのような豊かな国になってほしいと、心の底から思いました。
それからちょうど30年後、世界はすっかり変わりました。中国は発展中の国と言いながらも、名目GDP世界2位になり、日本との立場が逆転しました。さらにこれから10年先を予測すれば、名目GDPは中国がアメリカを抜いて世界1位になるのではないかと思っています。
30年前に日本に留学し、そして日本で学んできたことを是非とも中国に伝えたい、また中国の文化や経済、現代化の進み方や考え方を日本にも伝えたいと思い、16年前に日中文化経済交流の架け橋を志し、有限会社超一流を設立し、現在に至ります。
今後もこの趣旨を貫徹し、中国と日本との文化、経済、人的な交流をはじめ、ビジネスチャンスを生かして中日両国の経済発展と相互理解を深めるように社会貢献をしたいと思います。

仕事へのこだわり

混沌の時代こそ自分自身を見失わないことが一番重要ではないかと考えています。現代社会は10年単位、5年単位で知識も技術も変わります。昨年通じたものが今日は通じないかもしれません。IT技術、人工知能、ブロックチーン技術などの発展により我々がついていけないかもしれないという危機感もあります。しかしながらこれこそ現代社会の現実です。
そこで、常に好奇心を持ちながら、不慣れなことでもチャレンジし、失敗を恐れず、失敗した時でもチャンスだと思い歓迎の気持ちを持って、次の挑戦を始めるべきです。成功率で考えれば10%であればいいと言われます。つまり、10回チャレンジして1回成功すればいいという考え方です。ぜひ、新しいことにチャレンジし続けてほしいです。

若者へのメッセージ

「若者よ、チャレンジャーになれ!」