株式会社ベルクライン代表取締役

小山誉彦

Takahiko Koyama

運だけは自信あります

小山誉彦

略歴

15歳で社会人になり、19歳まで建設業界で職人として従事。その後、英語を覚えるために六本木のbarでアルバイトを始め、そこで出会った人に勧められるがままに営業会社に就職。そこから怒涛の営業人生がスタートする。

現在の仕事についた経緯

前職の会社では社長と僕二人だけの時から携わらせていただき、本当にたくさんのことを学びました。
仕事内容や待遇、人間関係には大変満足していたのですが、とても楽しそうにお仕事されている社長を隣でずっと見てきて、自分も経営者として、“良い時も悪い時も全て自分の責任”という立場で仕事がしたいと考えるようになりました。その思いがどんどん大きくなっていく僕の背中を押してくれたのが他でもない社長です。
今僕がこうして会社経営が出来ているのは、これまでに出会った人達や関われたお仕事のお陰です。そして、きっとこの先出会う方々のお陰で、今後も事業が継続できると確信しております。本当に幸運に恵まれていると自負しております。

仕事へのこだわり

1位以外は全員敗者。
僕は会社員営業マン時代、2位と最下位の違いがわからないと本気で思っておりました。
それくらい営業成績(数字)にはとにかくこだわっていて、掲げた目標は必ず達成するという精神が鍛えられました。その経験が今では宝となり、壁にぶち当たった時に自分に自信を与えてくれます。

若者へのメッセージ

学歴や資格が無いなんて行動しない理由にはなりません。僕にも出来ました。
あなたにも出来る!ともに成長していきましょう。