岡崎裕子

Yuko Okazaki

自分のしたいことは自分の力で実現する

岡崎裕子

略歴

陶芸家。平成9年、株式会社イッセイミヤケに入社し、広報部に配属。三宅氏と仕事をする中で大きな刺激を受け、自分の手でモノづくりをしたいと考えるようになる。その後、茨城県で活動する陶芸家、森田榮一氏を訪ねて弟子入りする。平成16年には笠間市窯業指導所へ入所し、釉薬科・石膏科を修了する。修了後は帰京し、都内2か所の陶芸教室で勤務する。現在は横須賀市にある自宅で陶芸活動に励んでいる。平成21年に初の個展を開き、それを皮切りに有名ギャラリーや百貨店での展覧会などで活躍している。
幼い頃は、内気で妄想癖がある子供でした。しかし友人にも恵まれ、中学・高校はバレーボール部に所属しました。幼い頃とは打って変わり、学生時代はとても活発な生活を送りっていました。勉強は大の苦手でしたが、で美術だけは得意分野でした。子供の頃から「ものを作る仕事がしたい」と思っており、図工と美術の時間は毎回楽しくて仕方なかったです。

自分のしたいことは自分の力で実現する

「モノづくりがしたい」という想いははっきりとしていました。しかし、反対する両親を説得できず、美大受験を諦めたことは今でも心残りです。その時、自分がしたいと思う事は自分自身の力で実現しなくてはいけないのだと痛感しました。また、ネガティブな力は時間が経つとポジティブな力に変わるということに気づきました。目の前にあることを恐れず、長期的に物事を考えることによって、叶えられる夢の幅はぐんと広がります。 家出のような形で陶芸修行のために移住しましたが、5年間の修行が終わる頃には、両親が一番応援してくれていました。 自分がなりた、やってみたいと少しでも興味のある職業があるなら、足と頭を使ってまず行動に移すことが重要だと思います。考えだけで止まるのではなく、行動して自分のイメージと現実を近づけていくことが夢に一番近づける方法だと思います。