株式会社オールアバウト代表取締役社長兼CEO

江幡哲也

Tetsuya Ebata

どうせ何かをやるなら楽しいほうがいい

江幡哲也

略歴

昭和40年、神奈川県出身。昭和62年、武蔵工業大学電気電子工学科を卒業した後、リクルートに入社する。情報通信ネットワーク事業部、マーケティングデザイン室、経営企画室兼次世代事業開発グループエグゼクティブマネジャーなどを任される。その間、ITとマーケティングを融合させて次々と新規事業の立ち上げを試み、成功させる。そのことから、「リクルートの立ち上げ屋」との名で一躍有名になる。平成12年6月にはリクルート・アバウトドットコム・ジャパンを設立し、代表取締役兼CEOに就任する。平成13年2月、インターネット情報サービスである「All About Japan(現・All About)」を開始。

現在の仕事についた経緯

経営者だった父はとても厳しく、様々な事を学ぶことができました。大学では理工系に進学し、大学3年生で初めてパソコンに触れました。その時からすでに、パソコンに未来の可能性を感じていました。就職活動の際、メーカーへの就職を希望する友人が多かったです。そんな中でもIT技術を駆使した情報サービスに可能性を感じていた私は、インターネットサービスを提供する仕事がしたいと考えました。その思いでリクルートに入社し、当時は大量に採用された新人のうちの一人だった私も、通信ネットワーク設計の責任者を任されてとても濃い経験をすることができました。その経験のおかげで、自分で何かを創り出すという習慣が身につきました。

何かをする時、どうせなら楽しいほうがいい

その結果、ただ会社を作って社長になりたいという考えではなく、ITで世の中に革命を起こしたい、新サービスで事業を創り出したいという想いがオールアバウトの経営になりました。
当時は今のようにインターネットの情報サービスが一般的なものではなく、注目を集めることができました。現代でもそうですが、インターネットサービスだけで考えてみても、進化する可能性はまだまだたくさんあります。どうせ何かをするなら、楽しいほうがいいでしょう。
今の日本は息苦しいなどと言われています。しかし、日本は世界の中でも潜在力のある国だと思いますし、やり方によっては自分自身の活躍次第でどうにでもできるチャンスでもあります。ぜひ様々な事にどんどんチャレンジしてください。